ものづくり日本

取り戻そう「ものづくり日本」

※ 取り戻そう!
アメージング「ものづくり日本」!

 昭和39年の東京オリンピックから「ものづくり日本」が認められて久しくなりますが、「ものづくり日本」は、グローバル経済の大きなうねりの中で立ち消えそうです。企業はグローバル資本を求めて利益に焦るあまり本来の企業の責任を忘れ、利益率と自己資本比率に翻弄されています。その間に、国民経済は冷え成長が止まり格差が広がり若者は夢とやる気をなくし、さらに貧困児童までが続出する事態となりました。 
 現在は、そんな日本になってしまったのですが、なぜ「ものづくり日本」として、どの国より素晴らしい製品をつくり、世界から信頼される国になることができたのでしょうか。そこには、人間を大切にする人間主義マネジメントが存在し、知恵があり、勤勉があっからだと考えます。仕事に生きがいを見出している勤労者や中小企業の存在があったのです。終身雇用や年功序列を排除し、正社員を辞めさせ安い賃金の労働力に頼り、請負代金を下げれば、そこには働くことに生きがいを持つ者は存在しなくなるでしょう。良い製品を製作することは難しいこととなってしまいます。
 
 今からでも決して改善は遅くないと考えます。我が国は、もともと資源もなく技術もなく、ないない尽くしでした。しかし、知恵と誠実と努力で「ものづくり日本」として世界に劣らない経済大国を作り上げてきたのです。それは決して資本の力ではなかったのです。そのことを再度認識しその原点「ものづくり日本」に帰ることしか改善の道は存在しないでしょう。
 
 今ならまだ間に合うのでしょうから、知恵と誠実と努力で「取り戻そう!「ものづくり日本」!なのです。グローバル資本を求めて虚業に走るのではなく 、再び実業である「ものづくり日本」を取りもどすべきであると思うのです。

ものづくり日本 → 
人間主義マネジメントを土台にしたアメージンング「ものづくり日本」を!
 
 「ものづくり」とは、ただ物を作れば良いのではなく世界に向けて、ナンバーワン、ファーストワンそして、オンリーワンのものをつくることでなのです。そこには資本の力より、新しい発想と知恵が必要で、アメージング(意外性、驚き等)がなければならないのです。知的財産、知的資産が必要な所以です。従って知財立国こそ真の「ものづくり日本」であるとも言えるでしょう。
 
    故事に「必要は発明の母」というのがあります。知恵や工夫も金が無いから出るのであり、満たされたところに新しい発想は生まれてこないのです。我が国は敗戦により全てを失い何もない貧しい国だったのですから、優秀な技術や製品が生まれたと思えるのです。
 
  しかし、今日本は全てが満たされているわけではないのですから、目の前だけでなく実際に存在する貧困児童を見つめ考えなければならないのです。子供に罪はないのですから、罪のない子供にしわ寄せが行っていることに問題があるのです。絶対になくさなければならない貧困児童の苦しみ、悲しみでなのです。目を伏してはならないのです。今の本質的大問題の存在を再認識し見抜き、解決へと国を挙げて向かわなければならないのです。そのことは、「ものづくり日本」を取り戻すことでもあり、人間主義マネジメントを実践することでもあります。グローバル資本に頼ることはますます、格差が広がるのみで決して解決へと向かうことではないのです。

※ものづくり大国は幻想か?

 
「日本の「もの作り大国」は幻想。海外に出て、お金の勉強をせよ」との趣旨の記事を読みました。幼稚と思われるかもしれないが疑問を抱きます。人類がものを作らずお金に走ってしまったときに世界はどうなるのでしょうか。ものを作る人はいなくなりロボットがものを作るのでしょうか。それとも、ものを作る人類は後進国で、我が国はその国の生産力に頼るのでしょうか。戦争があり、地球環境の異変があります。それでも「ものつくり大国」をやめ、お金に走って良いのでしょうか。そして、お金がお金を生み、虚業が虚業を作る仕組みは人類自らの人間性を喪失し人類の滅亡へと歩む道程ではないのでしょうか。今現在の社会は、お金が衣食住を生みますが、人の作ったシステムは不滅ではなく必ず崩壊するときがあります。金融の崩壊は恐ろしく急激に進み一夜にして貧乏大国になることも予期しなければならないのです。そんな時に生き残れるのはお金ではありません。第一次産業、第二次産業が重要になってくるのです。具体的な生活に必要な物質が無ければ生き残れません。究極の場合は紙幣やお金はただのゴミとなります。我が国はまだまだ第一次、二次産業が強いのです。だから、まだまだ「ものづくり日本」に戻ることができます。 
   金融大国は豊かであり、ものつくり大国は貧乏国であるとの構造は永久ではありません。大切なことは、「ものづくり日本」の土台があって、その上に金融大国日本がある仕組みを作らなければなりません。国内の格差が広がり、貧困児童が存在する国が、海外に出てお金でお金を求めてはならないと思うのです。豊かな国にしたいのであれば、他国に無い物、他国に無いサービスを世界に提供して稼がなければなりません。我が国は知恵のある国であると信じます。まだまだ知恵が残っています。知的資産経営、人間主義マネジメントは経済の土台となり国を安定させます。戦後の貧乏国からの脱却の経験は偶然ではありません。我が国の文化資産が知的資産がそうさせたのです。まだ遅くはないのです。今なら「ものづくり日本」に戻れると考えるのです。

参考)
「ものづくり日本」の「もの」は「物」ではなく、「づくり」は「作り」でなく、ひらがなを使用するのはハードのみではなくソフトも創るからです。記事の援用は原文が「作り」でしたのでそのまま漢字を使用しました。
 
参考)
NPO法人日本知的財産センター
ニュービジネス合同支援センター

◇ 恐縮ですがホームページの転写をお断わりします。